忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


[PR] |
エステで光による顔脱毛とは

エステで行われる顔脱毛としては、光脱毛があります。
レーザー脱毛と同じものと考えられがちですが、光脱毛とレーザー脱毛は違います。
レーザー脱毛は医療行為として治療のために使うもので、資格がなければ施術できません。
無駄毛を処理し、かつ新しく生まれる毛の再生機能を壊すために、毛根部分に脱毛効果のある光を当てるのが光による脱毛です。
メラニン色素に吸収されやすい波長の光を取り出すために、白色ランプをフィルターにかけます。
光脱毛は、光を肌に当てて脱毛するという一致はあるものの、用いる器機の違いなどから個別に名称がつけられています。
光脱毛としてよく知られているものにはプラズマ脱毛、IPL脱毛、フラッシュ脱毛、コスモライト脱毛などがあります。
これは光脱毛の器機を作る会社などがそれぞれ独自に命名しているためです。
エステやサロンにおいては、近年、光による顔脱毛の普及と進歩はめざましいものがあります。
エステでの光脱毛は何回か通う必要がありますが、医療分野で使用可能な光脱毛はエステより出力能力が高いため、通う回数が少なくて済むようです。
ただ、医療機関での脱毛は一回当たりの費用がかかるため、行きにくさを感じるかもしれません。
光による顔脱毛は、レーザー脱毛より肌に優しく、美白効果もあり、肌のキメも細かくなると言われています。
脱毛技術としての光脱毛は後発のもので未だ発展段階であり、顔に光脱毛を用いる長期的展望や身体への影響などは完全に解明されたわけではありません。
とはいえ、顔の脱毛を行うことで顔全体のトーンが明るくなり、それによって状況を好転させることができるならばそれに越したことはありません。
PR

エステで光による顔脱毛とは | Comments(0) | TrackBack(0) | 脱毛
医療クリニックによる顔脱毛とは
医療クリニックによる顔脱毛.
顔のうぶ毛やむだ毛を何とかするためには、自分で脱毛処理をするか、美容外科などの専門機関に頼ることになります。
美容外科などのクリニックで顔の永久脱毛をしてもらえば、顔に生えているうぶ毛やむだ毛の問題は解決しますが、時間も費用もかかることは覚悟しなければなりません。
クリニックの施術でも完璧に産毛がなくなり、そして生えなくなるわけではありません。
永久脱毛という言葉だけで判断しないように気をつけましょう。
美容外科の処置だからと過剰に期待せず、完璧ばかりを求めないようにしましょう。
レーザー脱毛は、クリニックや美容外科で永久脱毛の方法として使われます。
毛根に針を挿入して電気を通す電気針脱毛より負担が少ないという利点があります。
顔の脱毛処理は難しいので、何回かに分けて慎重に脱毛処理をしなければなりません。
うぶ毛は脇の下や脚のむだ毛に比べてずっと細く色が薄いので、レーザーでの脱毛は難しい点があります。
レーザーを用いての永久脱毛では、毛根にメラニン色素が多い黒くはっきりした毛の方が効率がよいのに対し、薄いうぶ毛はレーザー光を吸収しにくいのです。
レーザー脱毛の効果がうぶ毛の質で左右されるのはそのためです。
レーザー脱毛と並びクリニックで永久脱毛として利用されているものが、電気を用いた電気針脱毛です。
針に電気を流してむだ毛の処理をするもので、毛穴の一つ一つに針を通して行うため根気と手間がかかり、痛みを伴うこともあります。
ただし、電気脱毛による顔脱毛は、基本的にどんな部位にもできます。
日焼けなども関係ないのが特徴です。

医療クリニックによる顔脱毛とは | Comments(0) | TrackBack(0) | 脱毛

| 女性のためのきれいなる美容方法 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]