忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


[PR] |
二重まぶたのプチ整形
二重まぶたのプチ整形.
二重まぶたの整形方法というと、いちばんよく耳にするのが埋没法で、これがいわゆるプチ整形というものです。
メスによる切開はしないで針とナイロン糸を使ってひだを作る、これが二重まぶたのプチ整形なのです。
プチ整形というくらいですから、手術時間は5~10分と短時間で済みます。
メスを使わない手術ですから、術後すぐに仕事にも出られますし、翌日から化粧も可能なのです。
また二重まぶたの整形手術後の痛みも少ないという点もメリットでしょう。
術式としては二箇所をとめるのが一般的で、仕上がりの良さや安全性を考えると経験豊富な形成外科医での手術をおすすめです。
仕上がりに不満があった場合でも、抜糸すると元に戻るので安心感があるというものです。
このような手術ですが、二重まぶた整形の埋没法にはいくつか注意点もあり、基本的にまぶたの脂肪が少なくて、二重が作りやすい人にしか適応できないのです。
いわゆる腫れぼったいまぶたの人は、うまく二重にならない場合もあるといいます。
二重の手術をした後に、、少しの間腫れたり、軽い異物感を感じたりすることがあったり、左右のひだが完全に対称ではないということがあるかもしれませんが、左右が全く同じ対称的という人もそういるわけではないので、その方がかえって自然なのです。
この二重まぶた整形の埋没法の予算は2万円程度で、金額からしても他の手術に比べてかなり安く、また幅を直すこともできる点がメリットです。
整形後でもやり直しが手軽にできることがプチ整形と呼ばれる所以なのかも知れません。
PR

二重まぶたのプチ整形 | Comments(0) | TrackBack(0) | 整形術
女性のレーザー治療でホクロ取り
レーザー治療でホクロ取り.
ホクロをとる場合、レーザー治療を行うと、早くてきれいに取れるということが、そのメリットとしてあげられます。
1回あたり数分で完了し、短時間で終わるので学校・会社・家事などにそれほど影響はありません。
メイクは、しばらくの間はテープの上からすることになりますが、それは小さな範囲のものなので、上からファンデーションを塗ったりすれば特にきにするほどの目立ち方ではありません。
レーザー治療のせいでホクロ以外の皮膚を傷めたという事例はほとんどなく、傷跡も残りにくいので、ホクロをとる方法としては安全なものでしょう。
ただしひとつだけ、レーザー治療のデメリットといえるのは、ホクロの状態によって施術回数が多くなってしまうことです。
たとえばホクロが皮膚の深いところまである場合は、傷跡が残らないようにするために何度かに分けてレーザーを当てることがあります。
ホクロの組織が残っているとまた再発してしまうので、一度治療してまた再発の兆しがある場合はまたレーザーを当てます。
レーザー治療を施した後のアフターケアを比較的長くしなければならないことも、デメリットのひとつではあります。
しかしそれも消毒とテープの張り替え、色素沈着を防ぐ塗り薬、化膿止めの飲み薬の服用といった基本的なものばかりです。
そして忘れてはならないのが、赤みが引くまで一ヶ月、その後数ヶ月から半年くらいは患部を紫外線に当てないようにしなければならないことです。
以上のようにホクロ取りのレーザー治療にはメリットもデメリットもあるのです。
そのようなことを頭に入れた上で、レーザー治療を選ぶかどうか決めるといいでしょう。

女性のレーザー治療でホクロ取り | Comments(0) | TrackBack(0) | 整形術

| 女性のためのきれいなる美容方法 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]