忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




[PR] |
脾粒腫という脂肪の塊 顔にできる
顔の特に目の周りなどにできる小さな脂肪の塊を、脾粒腫といいます。

思うように取れずにずっと付着したままということもありますが、気づくと取れているということもあります。

顔に溜まった脂質という点ではニキビに似ていますが、

脾粒腫は毛穴の詰まりから引き起こされます。30才以降の成人に出来始めることが多いようですが、中には小さい子供にできることもあるようです。
人によっては、ぷつぷつといくつも薄い褐色の粒子が並ぶこともありますが、
首やあごに2ミリ程度のものができやすいです。

脾粒腫の中に入っているのは良性の凝固した脂肪で、
元は皮膚です。白髪と同様で年令とともに増加する人もいますが、
年令の割に多い人も老人でも出来ない人もいます。

最初は目立たないので放置しておくと、
何年もかけてすこしずつ大きくなる場合もありますが、
人に移ったり増殖することはありません。

脾粒腫はスキンタッグという名称でも呼ばれています。
気になるようなら皮膚科に行けば、意外とアッサリ摘出できます。

脂肪の塊をできにくくするには、代謝をよくすることが良いとされています。
新陳代謝を向上させるためには体質を改善する必要があり、

脂肪対策以外にも食事や生活習慣の見直しが求められますので、なかなか大変です。また、アイクリームを使って目の辺りを優しくマッサージすることで、

目の周囲の脾粒腫ケアができます。
PR



脾粒腫という脂肪の塊 顔にできる | Comments(0) | TrackBack(0) |

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



| 女性のためのきれいなる美容方法 |

ブログテンプレート
忍者ブログ[PR]